医師の資産運用を効率良くする方法を伝授|損しないためにも

やりがいの大きさが違う

柔道整復師の国家資格を取った後に一般企業に就職するパターンもありますが、自身の整骨院を開業して自由に運営することもできます。ちなみに、整骨院を開業する際には、ある程度のビジネススキルが必要になり、効率を考えると専門学校に通うのがおすすめです。

説明

訪日外国人で広がる市場

訪日外国人の増加でインバウンド市場が拡大しています。ただし爆買のような一時的なブームに終わらせないためには基本的戦略が必要です。特に人口の多いイスラム圏の観光客への配慮が大事で、ホテルでは礼拝室を設けたりイスラム向けの食事を出すなどの工夫です。リピーターを増やすためには個人旅行客を取り込みます。

店舗

店を開く際の流れ

店舗開業は大まかな流れで言うと、まず事業計画書を作成し、その書類に基づいて開業を進めていくことになります。物件の確保や許可申請手続き、人材確保や宣伝などを行っていきますが、これらを確実に行うためにはコンサルタントに開業支援を依頼した方がいいです。

資産形成を見越した投資

先生

不動産投資と開業

医師は開業するのを最終的なキャリアとして想定していることがよくあります。その改行のタイミングで資産運用を積極的に行って成功している事例もあるので仕組みを理解しておくと良いでしょう。医師が開業するためには医院を開くための物件が必要になりますが、そこで今まで勤務医として獲得してきたお金を使って資産運用を開始するというのが基本の発想です。不動産投資を行いながら自分の医院を確保する方法が着目されています。これは医師が開業して本業からの利益を上げやすくするだけでなく、副業として投資による利益も得られるのが特徴です。テナントを入れられるタイプのマンションを購入して自分の医院を開業するスペースを確保しつつ、マンション経営を行うという資産運用になります。不動産投資では物件と入居者の管理が必要になりますが、サブリースを行ってしまえば基本的には管理負担がかかりません。自分の利用するスペース以外を全てサブリースしてしまって不動産投資を行えば、医師として開業するための店舗物件を獲得しつつ、投資による利益を得られるという一石二鳥の状況を実現できるのです。このような資産運用を行うとマンションの住人が気軽に自分の医院を利用できるようになります。入居者にとっては魅力的な点になると共に、自分も患者を獲得しやすくなるのが特徴です。互いにメリットのある仕組みになるため、医師として開業するときの資産運用の方法として念頭に置いておくと良いでしょう。